【家選びで後悔しないために】物件見学でどこを見たらいいの?

不動産会社で良く開催されている物件の現地見学会。
とはいえ、営業さんがいるとゆっくり見れなさそう…そもそも物件のどこを見たらいいの?とお悩みの方も多いのでは…?
ここでは、家選びで後悔しないために見るべきポイントをまとめてみました。

見学POINT① 陽当りを確認しよう!

やっぱり、気になるのは陽当り。
陽当りがいいのは南向き!とどうしても思いがちですが、皆様が好む方角である分、値段は高めに。
洗濯物は一番乾きますが、夏場は実は暑かった!などという声もあります。
周辺に建物があるかどうかでも、陽当りは大きく変わります。
物件の方角に惑わされず、自分の目で確かめてみてみましょう。

見学POINT② 耐震基準を確認しよう!

いつ起きるかわからない災害。
この家は地震に耐えられるのか…不安ですよね。
耐震基準も更新されているため、是非確認してみて下さい。
詳しい営業さんであれば、制度や地盤についても教えてくれるかもしれません。
弊社はパナソニックのテクノストラクチャーを標準装備しています。
信頼ある会社の工法で建てておりますので、ぜひ現地までいらしてください。

見学POINT③ 周辺環境を見てみよう

物件を買うことは、そこでの暮らしを買うこと。
いくら家がお洒落で素敵でも、自分が望む暮らしが出来なければ意味がありません。
共働きのご家族なら最寄駅までの距離や車での移動のしやすさが気になるかもしれません。
そうすると家までの交通機関や、前面道路の幅などチェックしておくといいでしょう。
幼稚園のお子様がいらっしゃるご家族なら、近くに公園や小学校があることが大事かもしれません。
公共施設の雰囲気から治安も見えてきそうですね。
また、近くに同年代のファミリーがいると安心です。

お問い合わせ

  • 画像リンク